東京の栄養士学校 口コミ・評判ランキング

給食管理とは


ランキングはこちら

栄養士が担当する重要な仕事ともいえるのが給食管理です。
学校の栄養士として活躍したいと思っているのであれば、給食管理も主な仕事内容に組み込まれることになるので、どのようなことを担当することになるのかチェックしてみてくださいね。

栄養士が行う給食管理とは?

その名の通り、給食に関する仕事で、学校や病院で提供されるメニュー作りから始まり、食材の確認、調理員への指示などを行います。
他に、様々な事務業務を担当することも多く、児童や患者さんを食で支えていく仕事だといえるでしょう。

小さな子どもが元気にたくましく成長していくためには食事から摂取する栄養が重要な意味を持っています。
それぞれの年齢に合わせ、最適なメニューを考えたり、子どもが苦手と感じやすい食材などを美味しく食べるための調理法なども考えなければなりません。

アレルギーを抱える子どもが増えている

給食管理でメニューを考えに特に注意しなければならないのがアレルギーに関係することです。
中には重大なトラブルに繋がってしまうアレルギーもあります。

学校の中にはアレルギー食への対応に力を入れているところもあり、そういった学校では栄養士の持っている食材や栄養、アレルギーに関する知識というのはとても頼りになるものです。

給食管理の難しさ

給食管理といっても、とにかく栄養素にこだわってメニューを考えていけばいいというものではありません。
いくら栄養が整っていたとしても美味しくないもの、見た目で食欲をそそられないものは完食してもらわないため、様々なことに注意していく必要があるのです。

それに、いつも同じようなメニューが出てしまっては食べている方も飽きてしまうので、マンネリ化しないように献立作りにも力を入れていく必要があります。

栄養や見た目、食べやすさだけでなく、食材の管理などに関しても気を配っていかなければならないため、簡単な仕事ではありませんが、その分やりがいも大きく、給食管理に携われる職場は人気が高いです。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

サイトマップ | お問い合わせ | 運営者情報