東京の栄養士学校 口コミ・評判ランキング

栄養士の就職先


ランキングはこちら

栄養士が求められている現場は非常に多いです。
そのため、栄養士の就職先にも様々な種類があります。

どの職場を選択するかによって担当する仕事の内容や忙しさ、雇用形態なども大きく変わってくるのでよく確認した上で選びましょう。

栄養士の就職先…定番は?

特に多い就職先として挙げられるのが、病院や保育園、保健所、老人施設、給食会社などです。

どこで働くかというのは、自分が栄養士という仕事に求めているやりがいから考えると良いでしょう。

例えば、高齢の方をサポートしたい、喜んでもらいたいということであれば福祉施設や介護施設がおすすめです。
小さなこどもが好きで子どもと触れ合ったり、食で支えたいと思っているのであれば幼稚園や保育園が良いですね。

工場や事業所の中にも栄養士を求めているところはたくさんあり、求人も多いです。
それに比べ、学校給食などは求人数も少なく、人気は高いものの就職しにくい職場だといえます。

就職先を選ぶにはどうしたら良い?

なにより大切なのが、自分は栄養士としてどのような仕事を担当したいのかよく考えるということです。
職場は非常に幅広いため、適当に選んでしまうと自分がやりたいと思っていたのとは全く違う業務を担当することになってしまうかもしれませ

就職を目指している職場があるのであれば、その方面に強い栄養士養成施設を選ぶと良いですね。
自分に最適な職場がわからないと悩んでしまう方もいますが、その場合も実際に職場見学ができる栄養士養成施設を選択しておくと職場のイメージを掴みやすくなります。

どういった栄養士養成施設に通うかによって有利な就職先と不利な就職先は違ってくるので、先輩や先生の意見も確認しながら選ぶのがおすすめです。

栄養士は調理師などに比べても就職や転職しやすい仕事とも言われているのですが、何度も転職を繰り返してしまうとイメージが良くないので、職場選びに失敗しないようにしっかり比較して選びましょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

サイトマップ | お問い合わせ | 運営者情報