東京の栄養士学校 口コミ・評判ランキング
東京で栄養士学校 > 基礎知識 > 栄養士の専門学校と大学の違い

栄養士の専門学校と大学の違い


ランキングはこちら

栄養士の資格を取得するためには学校に通わなければならないわけですが、専門学校と大学の違いについて正しく理解しておきましょう。

栄養士の専門学校と大学の違いとは?

特に大きな違いをご紹介すると、大学の場合、一般教養という教科を学ばなければなりません。
こちらは必修となるので、必ず学ぶ必要があるわけですね。

それに比べ、専門学校は栄養士になるために必要な知識を専門的に学ぶことができます。
つまり、的を絞った勉強ができるというわけです。

それぞれにメリットとデメリットがあります。

例えば、専門学校は関連する職業の就職には強く、評価も高いのですが、仮に学校を卒業した後に栄養士以外の職業に興味が出てしまったという場合にあまり評価されません。

大学の場合は広く教養を高めることができるため様々な就職において有利です。
また、「大卒限定」とされている仕事にも申し込むことができます。

しかし、栄養士の職業のみに限定して言うのであれば、専門的に学んだ専門学校のほうがより深い知識を得ることができるでしょう。

専門学校と大学…どちらを選べば良い?

これは、その人によって考え方が違うので何とも言えないのですが、それぞれのメリットとデメリットを比較した上でどちらが自分に合っているのか考えてみましょう。

特に考えたいのが、一般教養を学びたいかどうかということです。
一般教養は大学に通って学ぶ必要があるため、専門的なことだけでなく一般教養も学びたいと思っている場合は大学、専門的に学びたい場合は専門学校というように考えると良いでしょう。

栄養士に関することしか学びたくないのに大学に入学してしまうと、興味のないことへの勉強にも時間を割かなければならず、ストレスに繋がってしまう可能性もあります。

もちろん、大学で得た知識というのは様々な場面で役に立つものなので、必ずしも専門学校のほうが向いているとは限りません。

まずは気になっている学校のパンフレットをすべて取り寄せ、雰囲気や特徴なども比較しながら考えると良いでしょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

サイトマップ | お問い合わせ | 運営者情報