東京の栄養士学校 口コミ・評判ランキング
東京で栄養士学校 > 基礎知識 > 栄養士の学校で学ぶこと

栄養士の学校で学ぶこと


ランキングはこちら

栄養士の資格を取得するべく学校に入った際には、どういったことを学べるのでしょうか。
具体的な事業内容は学校によって違うのですが、大部分を占めているのがやはり栄養に関することです。

栄養士の学校で学べる栄養学について

栄養にも様々な種類がありますよね。
代表的なところだとタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンなどが挙げられますが、これらが体内でどのような働きをするのか、健康とはどのような関わりを持っているのか、吸収率はどうなっているのかなど、幅広く学ぶことができます。

また、栄養士は人々の健康を支える仕事ということもあり、年代やケース別に考えてそれぞれに必要な栄養にはどういったものがあるのかということも勉強できるのが魅力です。

食品学についても学べる

栄養士にとって必要な知識というのは栄養学だけではありません。
食品学というものも非常に重要な科目だといえるでしょう。

実験を通して食品に含まれる栄養素や鮮度を測定する方法を学び、食品の衛生面や安全に関する知識も得ることができます。

毎年、学校や職場で集団的な食中毒が発生し、ニュースになってしまうこともありますよね。
食品衛生学の中では食中毒についても深く勉強できるため、食品の持っている安全性や危険性、食品添加物や調理器具の衛生に関することも学べます。

それから、日本の自給率なども様々な場面で取り上げられていますが、これにも栄養士という資格は深く関わっているため、食料問題や流通に関することも学んでいくことになるでしょう。

現場で活躍できる栄養士になりたいと思っているのであれば給食管理に関する知識を深く学べるところを選ぶと良いですね。

このように、栄養士の学校で学ぶことは食品の栄養に関することだけではないため、それぞれの学校の特徴を確認し、自分の学びたい知識や技術はどの学校であれば得られるのかよく比較した上で決めましょう。

実習と授業のどちらに力を入れているのかというポイントも学校によって違うため、まずは自分が学びたいことをよく整理し、それが実現できる学校を選ぶのがポイントです。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

サイトマップ | お問い合わせ | 運営者情報