東京の栄養士学校 口コミ・評判ランキング
東京で栄養士学校 > 栄養士について > 栄養士と調理師の関係

栄養士と調理師の関係


ランキングはこちら

食べ物や栄養に関する仕事をしたいと思っているものの、その場合は栄養士と調理師のどちらを目指せば良いのかがわからないという方も多いようです。

ですが、それぞれが持っている役割が違います。

栄養士と調理師の違いについて

まず、それぞれがなにを一番専門分野にしているかという点が違うといえるでしょう。
栄養士は食材の持っている栄養などに関して強い知識を持っているものの、調理師の場合は料理の腕前も問われます。

どちらかというと、栄養士は栄養や献立を考えるのが仕事であり、調理師はそれを作るのが仕事ということになるでしょう。

もちろん、調理師も食材や栄養に関する知識を持っていますが、栄養士ほど専門的に学ぶわけではありません。

栄養士と調理師の関係について

栄養士は専門的に学んできた食材の持つ栄養の知識を活かして働きます。
一方で調理師は栄養士の作ったメニューを美味しく仕上げてくれる職業でもあるわけです。

それぞれの知識を活かしサポートしあえる関係ともいえるのですが、職場によっては、ぶつかってしまうこともあります。

一般的に、調理に関する指示などは栄養士が行う形になり、それに沿って作業をするのが調理師となってしまうため、立場的に見ると栄養士の方が上という職場が多いです。

しかし、年下の栄養士に指図されているようで面白くない…と感じてしまう調理師の方もいるようで、栄養士と調理師が円滑なコミュニケーションを取れるかどうかというのは職場によって大きく違うと思っておいた方が良いですね。

もちろん、お互いの持っている技術や知識を活かし、円滑な環境を築いている職場もたくさんあります。

調理師と良い関係を築きたいと思っているのであれば、調理師免許も取得すると良いですね。
栄養士として働いていたとしても、調理に2年携われば調理師免許の受験資格を得ることができます。

両方の資格を取得できればお互いの立場や悩みを理解し、良い関係を築き上げていくことができるでしょう。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

サイトマップ | お問い合わせ | 運営者情報