東京の栄養士学校 口コミ・評判ランキング
東京で栄養士学校 > 基礎知識 > 栄養士と管理栄養士の違い

栄養士と管理栄養士の違い


ランキングはこちら

栄養士と似たような資格として、管理栄養士というものがあります。
それぞれの違いがわからず、自分はどちらを目指せば良いのか悩んでいるという方もいるかもしれません。

名前が似ていますが、違う点も多いのでチェックしてみてくださいね。

栄養士と管理栄養士の違いとは?

まず、大きな違いは栄養士が都道府県知事に申請して公布される国家資格であるのに対し、管理栄養士は国家試験に合格した方のみが交付される国家資格であるということです。

簡単に説明をすると、栄養士の上位資格は管理栄養士たといえます。
管理栄養士になると栄養士に対する指導も行うことができます。

仕事内容や役割の違い

資格の種類が違うだけでなく、それぞれ仕事内容や役割も大きく違います。

どちらも栄養に関するスペシャリストであるということは変わりないのですが、栄養士は主に給食管理や栄養指導を行うのが仕事です。
これに対し、管理栄養士はこういった業務に加えて傷病者などに対する適切な栄養指導なども行うことになります。

施設においても、特別な栄養管理が必要なところでは管理栄養士が求められており、栄養士以上の知識と経験を持っているのが管理栄養士だといえます。

収入や手当・待遇に関する違い

上位資格であるということもあり、管理栄養士の方が収入面でも優遇されます。

栄養士に比べると管理栄養士の方が基本給や職務手当などがあるため、栄養士よりも稼ぐことができるでしょう。
それだけでなく、管理職が用意されている場合もあり、待遇も期待できます。

管理栄養士になるのは簡単な事ではありませんが、転職などに関しても栄養士よりも有利になるため、管理栄養士の資格を取得して損をするようなことはないでしょう。

近年は日本でも食に悩む方が増え、栄養士や管理栄養士の指導による体型改善が期待されているため、どちらも重要な仕事です。

現在栄養士として働いている方も管理栄養士の資格取得を目指してみると良いですね。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

サイトマップ | お問い合わせ | 運営者情報