東京の栄養士学校 口コミ・評判ランキング
東京で栄養士学校 > 栄養士になれる学校 > 東京聖栄大学附属調理師専門学校

東京聖栄大学附属調理師専門学校


ランキングはこちら

東京聖栄大学附属調理師専門学校では、調理師に関して深い知識を学ぶことができます。
少人数制だからということが大きな特徴で、一人一人を丁寧にサポートしてもらうことができるというのも大きな魅力です。

せっかく学校に入ったものの、学生が多いために教師に質問をする機会も少なく、時間を無駄にしてしまった…というようなこともありません。

また、調理師免許は1年で取得できるため、料理のできる栄養士を目指しているという方にもおすすめです。

東京聖栄大学附属調理師専門学校の特徴

東京都葛飾区西新小岩にあり、JR総武線または総武快速線の新小岩駅から徒歩2分という距離にあるため、通いやすいのも嬉しいですね。

少人数制ということは、先生のすぐ近くでプロの料理を学べるということ。
即戦力のある調理師を目指すのであれば、とにかく大切なのは実践だと言わています。

そのため、東京聖栄大学附属調理師専門学校では実習に力を入れているのです。

最初から挑戦させられるのではなく、先に教師のデモンストレーションを見た上で理解してからスタートできるので、間近でプロの技術やアドバイスを受けることができます。

夏休みなどを使った授業の復習、特別実習などもたくさん行われているので、短期間でたくさんの経験を積むことができるというのは非常に魅力的です。

実習室は自由に使える!

授業がない時間帯であれば、実習室を使わせてもらうことができます。
料理に必要な専門的な道具などもそろっているため、自宅でおさらいをするのに比べると効率よく理解していくことができるでしょう。

その日に習ったことを再度実践して技術を磨くのにも役立ってくれます。

栄養士の資格を取得した上で調理師を目指すということであれば、栄養士として働きながら調理に2年携われば受験資格は得られるのですが、本当に料理のできる栄養士を目指しているという場合にはこういった専門学校でしっかり学ぶのが理想的です。


通信講座で『調理師の資格を取得』できるって知ってました?

ユーキャンの調理師資格取得講座

【お届けする教材】
メインテキスト:6冊
副教材:パワーアップ問題集、食中毒早覚えシート、ガイドブック、添削関係書類、その他
内容・仕様は変更になる場合があります。
添削:あり 4回(模擬試験1回を含む)
質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
標準学習期間:6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

一括払い 44,000円
合格率は約60%!
テキスト学習を中心に、わずか6ヵ月で合格を目指せるカリキュラム。
スキマ時間の上手な活用が合格への近道です!

受験資格には『2年以上の調理業務経験』が必要ですが、パートやアルバイトの 方でも週4日以上かつ1日6時間以上勤務していればOK!

また、過去に働いていた飲食店の実務経験を『合算して2年以上』であれば問題ありません!

サイトマップ | お問い合わせ | 運営者情報